忍者ブログ
 
BAR CINECIITA` に入荷したボトルをカテゴリー別に紹介しております。
             

 

三鷹 BAR CINECITTA`
のブログです。

Search in the Blog
Bar Code
Peat Freak 7y 55.2%vol. Meadowside Blending Co.Ltd
ピートフリーク 7y メドウサイド ブレンディング

2009年にバーボンカスクへ樽詰しています。名前の通りがピートレベルが高くヨード香やロースト香もありますが、全体としては甘さが際立っています。

ボトラーズブランド
ロッホローモンド
メドウサイドブレンディング

PR
Edradour Ballechin Double Malt 46%vol. La Maison du Whisky 
エドラダワー バレッヒェン ダブルモルト ラ メゾン デュ ウイスキー

同社60周年記念のプライベートボトリングで、シェリーカスクのエドラダワーを1つとバーボンカスクのバレッヒェンを3つ混ぜています。

南ハイランドにあるかつてはスコットランド最小蒸留所で知られたエドラダワーが、2002年にラフロイグ蒸留所を退いたイアン・ヘンダーソン氏をマネージャーに抜粋し、仕込んだのものがバレッヒェンで、フェノール値50ppmのヘビリーピーテッドタイプです。

柑橘系とクリームの甘さの中にラフロイグと間違う程のピートフィニッシュです。

ボトラーズブランド
エドラダワー
ラメゾンデュウイスキー

Elements of Islay Oc3 60.3%vol. Speciality Drinks
エレメンツオブ アイラ Oc3 スペシャリティドリンクス

エレメンツオブ アイラ シリーズとはバッチごとに蒸留所から選び抜いた数樽を混合して瓶詰し、ラベルには蒸留所のイニシャルとバッチナンバーが元素記号のようにシンボル的に表示されています。そのデザインは、医学研究所が使用しているラベルやパッケージからインスピレーションを得たもので、ボトル形状も薬剤瓶そのものというユニークかつ実力派のシリーズです。

ワイン樽を含む様々な樽で7年熟成以上のものを混ぜ合わせています。 意外とピーティな癖が前面に出ていなくてバランスの良さ感じてしまうのは、オクトモアだと身構えてしまうせいでしょうか。

ボトラーズブランド
ブルイックラディ
スペシャリティドリンクス

Port Charlotte 13y 53.2%vol. Meadowside Blending Co.Ltd
ポートシャーロット 13y メドウサイド ブレンディング

信濃屋のプライベートボトルは2002のバーボンカスクです。海水の様な苦さと牡蠣のオイリーなスモークが余韻として残ります。

ボトラーズブランド
ブルイックラディ
メドウサイドブレンディング

Williamson 2010 63.9%vol. Whisk-e Limited
ウィリアムソン2010 ウィスクイー

インプレッシブカスクシリーズのホグスヘッドで6年熟成されたものです。熟成年数が少ないながら柔らかい甘みがあり、反して刺激の強いピートを感じます。

ボトラーズブランド
ラフロイグ
ウィスクイー

Prev1 2 3 4 5 6 7 8 9  →Next